借家を選ぶ

借家と一口にいっても、さまざまなタイプがあります。
敷地内に同じかたちの平屋が何軒か並んでいる借家や、都心の二階建ての2DKの借家、駐車場スペースも完備の3LDKの借家などが挙げられます。

借家は一生住む家を購入せずとも戸建ての家に賃料を払って入居できます。
将来的に住まいを変える予定がある場合でも、集合住宅のアパートやマンションではなく、戸建てを希望するケースは少なくありません。

借家のメリットは、生活する上での自由度が集合住宅と比較し、高い点ではないでしょうか。
自転車や車を停めるスペースのある借家ですと、駐輪場や駐車場を借りる必要がありませんし、ガーデニング可、ペット可の借家もあります。
ただし、自由に生活できる範囲が広い分、担う点もあることは覚えておきましょう。
マンションなどの集合住宅の場合には住まいの定期点検、敷地内の木の剪定といったことを管理会社の方からそれぞれの会社に依頼しますが、借家の場合は庭の雑草などに関しては、入居者が行うことが多いです。

借家のある地域により、町内会や地域活動に参加する場合もあります。
借家を選ぶ際には、間取りや家賃の他、庭の様子やその地域の特色や住んでいる人の年齢層などを視野に入れてみるとよいでしょう。
住む地域の住み心地のよさは、住む人の視点や価値観により異なることもあります。

築年数の経った日本家屋や広い間取りの洋風の家など、借家だからこそ住める家があるのも借家の大きな特徴といえるでしょう。



●PICK UP
借地借家法に精通した専門スタッフが在籍している借地権・底地取扱店です ⇒ 借地権

Copyright © 2014 借家って何? All Rights Reserved.